2022-09-01

腎臓病 移植 医療 障がい者

【腎臓不全保存期、透析迄1】入院時、退院時のクレアチニンの数値と鍼による腎不全治療

腎臓機能を測るクレアチニンの値の話 腎臓の機能を測る上で、 一番メジャーなのが、 クレアチニンの値です。 まず、クレアチニンについて。 ※クレアチニンについて クレアチンリン酸という物質は筋肉が運動するための重要なエネルギー源です。 これが代謝されたあとにできる老廃物がクレアチニンです。 クレアチニンは腎臓でろ過されて尿として排出されるため、血中のクレアチニンの濃度が上昇していることは腎臓の機能が低下していることを意味します。 また、クレアチニンはしばしばCrと略されます。 腎不全、心不全入院から退院して最初 入院した当初は クレアチニン値、5を超えてました。 ...
タイトルとURLをコピーしました