【移植】【副業】移植、免疫抑制剤の治験と治験モニターの紹介

・治験とは
・治験の日記
・治験モニター

私は、移植した際、主治医の先生の勧めもあり、
薬の治験モニターになりました。
※免疫抑制剤の治験です
その治験について書きます。

当ブログの最後に募集している、治験モニターも記載

※下記、厚労省HPより
治験とは 化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物などから発見された物質の中から、試験管の中での実験や動物実験により、病気に 効果があり、人に使用しても安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。 この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べることが必要です。   こうして得られた成績を国が審査して、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが「くすり」となります。   人における試験を一般に「臨床試験」といいますが、「くすりの候補」を用いて国の承認を得るための成績を集める臨床試験は、特に「治験」と呼ばれています。 治験は病院で行われます。   治験を行う病院は、 「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」という規則に定められた要件を満足する病院だけが選ばれます。 その要件とは 医療設備が充分に整っていること 責任を持って治験を実施する医師、看護師、薬剤師等がそろっていること 治験の内容を審査する委員会を利用できること 緊急の場合には直ちに必要な治療、処置が行える こと 「くすりの候補」の人における効果(有効性)と安全性を調べる治験は、科学的な方法で、参加される方の人権を最優先にして行われます。 【 治験を実施するためのルール 】   治験を行う製薬会社、病院、医師は「薬事法」というくすり全般に関する法律と、これに基づいて国が定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(=GCP[Good Clinical Practiceの略])という規則を守らなければなりません。 この規則は欧米諸国をはじめ国際的に認められています。 【 法律・GCPで定められているルール 】 治験の内容を国に届け出ること    製薬会社は、治験を担当する医師が合意した「治験実施計画書」(「くすりの候補」の服薬量、回数、検査内容・時期などが記載された文書)を厚生労働省に届け出ます。厚生労働省は、この内容を調査し、問題があれば変更等の指示を出します。 ● 治験審査委員会で治験の内容をあらかじめ審査すること    治験審査委員会では「治験実施計画書」が、治験に参加される患者さんの人権と福祉を守って「くすりの候補」のもつ効果を科学的に調べられる計画になっているか、治験を行う医師は適切か、参加される患者さんに治験の内容を正しく説明するようになっているかなどを審査します。  治験審査委員会には、医療を専門としない者と病院と利害関係がない者が必ず参加します。  製薬会社から治験を依頼された病院は、この委員会の審査を受けて、その指示に従わなければなりません。 ● 同意が得られた患者さんのみを治験に参加させること    治験の目的、方法、期待される効果、予測される副作用などの不利益、治験に参加されない場合の治療法などを文書で説明し、文書による患者さんの同意を得なければなりません。 ● 重大な副作用は国に報告すること    治験中に発生したこれまでに知られていない重大な副作用は治験を依頼した製薬会社から国に報告され、参加されている患者さんの安全を確保するため必要に応じて治験計画の見なおしなどが行われます。 ● 製薬会社は、治験が適正に行われていることを確認すること    治験を依頼した製薬会社の担当者(モニター)は、治験の進行を調査して、「治験実施計画書」やGCPの規則を守って適正に行われていることを確認します。 医師は「くすりの候補」を使えば病気に効果があると期待される患者さんに、治験への参加をお尋ねします。患者さんの自由な意思にもとづく文書での同意があってからでないと治験は始められません。   この「説明と同意」のことを「インフォームド・コンセント」といいます。 インフォームド・コンセントの手続き   医師から、治験の目的、方法、治験に参加しない場合の治療法、「くすりの候補」の特徴(予測される効果と副作用)などが書かれた「説明文書」を手渡され、その内容がくわしく説明されます。  患者さんは、わからないこと、確認したいことなど、納得するまでどんなことでも質問することができます。   そして、治験に参加するかしないかは、だれからも強制されることなく、自分の意思で決めてください。説明を受けたその場で決めず、説明文書を持ち帰って家族に相談してから決めることもできます。   参加することに同意いただきましたら、「同意文書」に患者さんと治験を担当する医師が自筆で署名します。   同意文書の控えと説明文書は患者さんに渡されます。 説明文書に書かれていること 治験の目的、治験薬の使用方法、検査内容、参加する期間   期待される効果と予想される副作用   治験への参加はいつでもやめることができ、不参加の場合でも不利益は受けないこと   副作用が起きて被害を受けた場合、補償を請求できること   カルテ、検査結果などの医療記録を治験を依頼した製薬会社、厚生労働省、治験審査委員会の担当者が見ること   担当する医師の氏名、連絡先  治験に関する質問、相談のための問い合わせ先   (説明文書に記載すべき内容は、「GCP」で定められています。)等 プライバシーは厳重に守られます   カルテ、検査結果には、患者さんの名前や住所、電話番号などが記載されていますが、プライバシーは厳重に保護されます。 治験に参加される患者さんの安全の確保と信頼できるデータを集めるために、患者さんには治験中に守っていただかなければならないことがあります。その内容は、インフォームド・コンセントの際に手渡される説明文書の中に記載されています。 一般的な注意事項 ●治験薬の服薬方法、検査など 治験薬の服薬方法、服薬期間、回数を正確に守ってください。 使わなかった治験薬は、まだ国から承認された薬ではないので、必ず返却してください。 ● 生活上の注意 治験の内容や病気の種類によっては食事や運動に関する注意や、飲酒、喫煙などの制限があります。 ● 他の病院を受診される場合、他の薬を服用する場合の注意  他の病院を受診したり、新たな薬を服用する場合には前もって治験を担当する医師に相談してください  他のくすりと治験薬を組合せて使用すると、それぞれの作用を弱めたり、または強めたりするなど予期しないことが起こることがあります。   他の病院を受診される場合は、必ず治験を担当する医師にご相談ください。そして、他の病院の医師にも、患者さんご自身が治験に参加されていることをお伝えください。   また、市販の風邪薬や漢方薬などを服用する場合も、前もって治験を担当する医師にご相談ください。 ● 体調に変化が見られた場合の注意  治験薬を使い始めて、いつもとちがう症状が見られたときは、すぐに担当医師に連絡してください。
2008年9月の日記 生体腎移植の最終的判断を行うための外来が先週木曜日にありました。 その時に主治医から、もしかしたら治験をお願いするかもしれないから 後で治験コーディネータの人から詳しい話きいてね。 「この免疫抑制剤自体は本当にいい薬で諸外国ではもうすでに認められているんだけど、日本は相変わらず厚労省の認可が遅くて、ようやく治験段階なんだ。 で、ただ問題は人数が決まっててうちの病院もその一部を担うことになったんだけど、患者さんのうちの半分なんだ。 だから、あたらないかもしれないけどもし受けれるならやってみた方がいいのでよろしくね。」 ということだった。 その後診察終わり、治験コーディネーターの方たちから詳しい話を聞く。 免疫抑制剤は、エベロリムスという免疫抑制剤でスイスの製薬会社が作った薬。 何がいいかといったら、これを使うことにより腎臓に障害を起こす他の免疫抑制剤を少量にすることができるために、移植した腎臓を長く維持せうることができるようなのです。 ただ、治験なので人数が決まっていてそれに当たるには血液検査を通って、しかも抽選であたらないといけないとのこと。 61カ国の国々で認可されしかも問題ないのなら認めるべきなのに、 厚労省はなかなか認可しない。 よいものは後延ばし (各国に遅れること15年という話です) 悪いことはすぐにやる・・・ 薬害問題・・・ 本当は頭わるいんじゃないかとおもってしまう。 ペーパーテストはできても、世の中のことがまったくわかってないのが官僚なのかなあ。 他の国々に税金で視察にいってるのじゃないのかと思うんだが、 実際は観光で行ってるのかもしれない。 厚労省にはしっかり仕事をしてもらいたい。 僕は、実際の患者で治験を経験しました。 しかし、患者ではなく治験をして頂くモニターもあります。 【治験モニターの紹介】
【疫学モニター募集】 簡単登録でたくさんのお得情報が入手できます。 モニター会員にご登録いただくと、モニター試験のご案内の他、会員限定の無料健康イベントのご案内など、お得な情報を受け取れます。 年2回程度のアンケートに答えるだけの疫学モニター募集 【ニキビ・アトピー治験ボランティア】 治験ボランティアとは、多くの人々が救われる、身近で社会貢献度の高いボランティア。 専門医師による診察とアドバイスが無料で受けられ、治験協力費(謝礼)が受け取れます。 ニキビ・アトピー治験ボランティア 【V-NET】 健康成人向けの治験 治験の詳細はこちら 【クリニカル・ボランティア・サポート】 短期で高収入を得たい方から化粧品・サプリメントなど美容に興味がある方。 臨床試験でいえば健康な方を対象としたものから高齢者限定、女性限定、特定疾患など幅広く募集 会員登録はもちろん無料!モニター募集の【クリニカル・ボランティア・サポート】 【ぺいるーと】 不眠症治療の治験モニター 治験業界トップクラスのモニター数。 治験にご協力頂くと、参加される方の負担を軽減する目的で通院毎に謝礼(負担軽減費)を受け取ることができます。 また、専門医の元で最新の治療をお試し頂ける機会となり、医薬品や医療の発展に貢献できる社会貢献性の非常に高い有償ボランティアです。 不眠症の治験モニターは【ぺいるーと】 【ぺいるーと】 爪水虫の治験モニター 日本人の10%、つまり10人に一人の割合で爪水虫という病気にかかっています! 多くの患者さんがいらっしゃいますが、その症状には痒みや痛みが伴わないため、 実際に治療されている方は多くありません。 自費では重い腰が上がらないこの病気の治療を、 負担軽減費(謝礼)を受け取りながら治験で治療してみませんか? 治験業界トップクラスのモニター数。 治験にご協力頂くと、参加される方の負担を軽減する目的で通院毎に謝礼(負担軽減費)を受け取ることができます。また、専門医の元で最新の治療をお試し頂ける機会となり、医薬品や医療の発展に貢献できる社会貢献性の非常に高い有償ボランティアです。 お得に爪水虫を治療しませんか?【ぺいるーと】 【チヨダモニター倶楽部】 20歳以上の方、どなたでも無料で登録できます。 食品・飲料・サプリメント・化粧品などのモニターを、日常生活に無理なく楽しんで試験に参加いただけます。試験の募集につきましては、会員様の条件に合う試験を随時、紹介しており会員様には、案内のあった試験からご自由に選んでご予約いただけるので、お気軽にご参加いただけます。 臨床試験モニター募集!【チヨダモニター倶楽部】 【ぺいるーと】 男性がHPVワクチンを接種するメリットは、性交時のパートナーからのHPV感染を防ぎ、『がん』にかかるリスクを減らすことにあります。 治験にご協力頂くと、参加される方の負担を軽減する目的で通院毎に謝礼(負担軽減費)を受け取ることができます。また、専門医の元で最新の治療をお試し頂ける機会となり、医薬品や医療の発展に貢献できる社会貢献性の非常に高い有償ボランティアです。 ワクチンの治験は【ぺいるーと】 【コーメディカルクラブ】 有償ボランティアの中でもコーメディカルクラブの治験プログラムはWEB登録のみの低いハードルで設定。 内容もボランティア参加者の方の負担は完全無料で、礼金をご用意 ★「高額バイト」「健康」「習慣病」「治験」系 ★ヘルスケア・収入・副業・生活系ジャンル ★メルマガ配信の運用 治験モニター募集 【高収入治験シスモール】 有償ボランティアの中でもコーメディカルクラブの治験プログラムはWEB登録+事前検診の参加で追加報酬が発生する設定 高収入ボランティア【シスモール】 【AGA治験】 治験モニターなので、AGAの最新治療薬を無料で試せるチャンス! 治験は土日&平日夜間の実施も予定。普段病院に行けない人でもご参加いただけます。 薄毛でお悩みの方に朗報!AGA治療薬の治験に参加していただける方募集 【便秘の治験ぺいるーと】 新型コロナウイルス感染拡大の影響で「巣ごもり便秘」が増えています。外出せずに家で過ごす時間が長くなり、運動不足やストレスから 多くの方が便秘などの症状を訴えています。 無料で『最新の便秘治療』を試すことができ、 且つ、参加される方の負担を軽減する目的で、 負担軽減費という謝礼を通院毎に受け取ることができます。 【ぺいるーと】で便秘の治験モニターに参加

コメント

タイトルとURLをコピーしました